一筒天 "Itto Ten"

2017年 桜咲く頃

奇跡の輝きを放つ万華鏡が日本最古の漆「根来塗」をまとう。

まさにそれは「玩具」から「工芸品」に昇華した瞬間。

この麗しい立ち姿の万華鏡を「一筒天」と命名。

きらめき変貌する絵柄、漆に残る手擦れさえも美となり日々その姿を進化させる一筒天を

京都で開催された万華鏡世界大会において発表できた事は創作者として感無量でございます。

この一筒天を皆様に末永く可愛がって頂く事

それは毎日触れて覗いていただく事に他なりません。

どうぞ日常使いから生まれる美を皆様ご自身が育みご体感くださいます様にお願い申し上げます。



【説明】

一筒天(漆塗りを施した万華鏡)の蓮作品。
根来朱「恋」 と黒根来「歌」

恋をした時の心情を「恋」と「歌」に表しました。


【素材】

【ミラーシステム】

①根来朱「恋」 4ミラー8ポイント

②黒根来「歌」 4ミラー10ポイント


【オブジェクトケース】

① ガラス、天然無穴パール、ビーズ、琥珀

② ガラス、アコヤ貝の天然無穴パール、ビーズ、スワロフスキー


【外観の特徴】

日本最古の漆「根来塗」を施しています。黒根来は古いタイプのつや消し。根来朱は下地に黒根来を塗っているので

長年、手で触っていると下にうっすら黒が透けてきます。


【サイズ】

直径4㎝ 全長18㎝


【 Description 】

”Itto ten" means "universe confined in one tube"   Two Urushi -Japanese lacquered- scopes in black and red.

The red one is titled "Love" and the black one is titled" Song".


【 Material 】

【 Mirror System 】

① 4 mirror 8point

② 4mirror 10point


【 Object case 】

① Glass, pearl, beads, amber

② Glass, pearl, beads, Swarovski

【 External features 】

The scopes are covered with the oldest Urushi in Japan.

【 Dimension 】

Diameter /4cm , Length / 18cm